山本東矢 

やまもとはるや

 

大阪市小学校教員 

教師歴    15年

TOSS歴  15年

TOSS授業技量検定 四段 

研究授業、

模擬授業回数 1750回

 

TOSS大阪みなみ代表

現在144回目

サークル11年目

(2006年6月開始) 

 

2018年3月7日現在

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

【講師歴】 

オールセミナー       15回以上 

大阪 兵庫 香川 横浜 愛媛 千葉

TOSS教え方セミナー講師    150講座以上

大阪市、府、兵庫県の校内研修講師  20回以上 

 

【共著】

「役に立つ教育技術いくつ持ってますか6 指導場面別:集団を動かすワザ」  

「特別支援の子への対応―AさせたいならBと言え」

「模擬授業対決で授業力みるみるアップ (教師修業への挑戦)」など多数

 

【雑誌掲載歴】

「教室ツーウェイ」

「向山型国語教え方教室」

「算数教科書教え方教室」

「楽しい体育」

「授業研究21」など

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

サークルで学ぶようになったきっかけ

 2002年10月。
 
 採用が決まって、このままではいけない、やっていけるのだろうかと思い、初めて買った教育書。

 それがTOSSの本だった。
 そこから熱中し、TOSS大阪みおつくしの神谷祐子氏にメールで連絡をとった。
  そこでなみはや例会を紹介していただいた。

 2003年1月。初サークル、初なみはや例会。

 例会にいくと、ものすごく切れ味のあるすばらしい授業をする方がいた。

 素人ながら次元が違うと思った。
 奥清二郎氏である。
 これが、プロかと思った。
 その出会いから、授業のうまい教師になりたいと強く、強く思った。
 
  しかし、授業はうまくできなかった。
 「声がまったく通らない。」
 「はじめから最後まで全部だめ。」
 などのご指摘をいただいた。
 
 
 あきらめるつもりはまったくなかった。
 授業がへたくそかもしれないが、今の自分よりはやっぱり上手になるには、とにかく模擬授業の回数を増やすことではないかと思い、挑戦し続けている。

 

 2006年6月1日、自分のサークル「みなみ」を立ち上げる。 

  

 入ってから10年。

 2012年10月に模擬授業1000回を超えた。

 

 2013年3月2日、授業技量検定全国大会にでる。
 優秀賞に選んでいただく。
 そして「初段」に昇段させていただく。
 学んで10年経つ。
 あきらめずに努力をすれば、なんとかなるのだということを実感できた。
 

 しかしである。

 自分ではまだまだ満足できていない。

 もっともっと子どもたちに幸せを与えている人はいる。

 

 少しでも授業が上手くなり、学級経営がうまくなり、子どもに幸せを還元するために、
 これからもずっと学んでいく。